スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

北斗のパン

「スマホを落としただけなのに ~厨2病の殺人鬼~」  あらすじ:ナッパンの頭がはじけてパーン   「俺か、俺はパン殺拳・北斗パン拳の継承者 パンシロウだ !むしゃむしゃ。」   身長が2mもあろう男が先程、パンクズとなった ナッパン を食べながら 孫トリオ の問いに答える。  孫トリオ は不思議に思った。何故この パンシロウ はパンクズを食べているのだろうと。  「おめぇ、なんでそのパンクズ食ってんだ?」  「何故人はパンクズを食べるのか。人間は生きていくなかで、何かを食べなければならない。しかし、これを食べてはいけない。あれを食べたほうがいい。鯖移動はあそこがいい。 人間というものは、すぐ自分の人生の経験則だけで方程式に当てはめたがる。勝利の方程式。幸せの方程式。一つ教えておこう。 人生に方程式などない!これが俺の方程式・・・」  孫トリオ としては、何故 ナッパン のパンクズを食べているのかを聞きたかったのだが、全く的外れの答えであり、ちょっと面倒くさい人だなと思った。  「いや俺がききてのぇはよ─」  「フッ。それよりも、お客が来たようだ」  パンシロウ が、スッと明後日の方向に指を指した瞬間、闇の中から一人の青年が現れたのだ。 「よくぞ気づいたパンシロウよ。我が名は改パン人間。黒炎竜の力を右手に宿した、ダークフレイムパンマスターまたの名は闇炎パン竜 (BLACK FLAME PAN DRAGON)とは私のことだ。 古の盟約により、ぬ王と戦う運命を背負い、私は鯖を移動し、晴れて改パン人間となったのだ。 秘宝パンを狙う、ぬ王の回し者たちよ。貴様らはここで死ぬことになる。」 「 エターナルフォースブリザード 」によって我に吸収合併されるのだ。」  孫トリオは混乱していた。ただでさえ、扱いに面倒くさそうなパンシロウの他にも聞いてもいないのに自己紹介をはじめるいかにも弱そうな厨2病っぽいやつが現れたのだから。 「凍りつくがよい!! エターナルフォースブリ── 」  プルルルルル。プルルルルル 改パン人間が エターナルフォースブリザード を放とう(実際はできない)とするさい、スマホの電話音が鳴り響く。 孫トリオは思った。誰のスマホから鳴っているんだと。 

最新の投稿

更新をサボっていました。

ドラパンボールZ

アデンの地に怪盗が!

涼宮ドキンの憂鬱

パン作るにはは食事が大切

往年の名作SLAMPAN喰う

新世紀EPANGELION

新工場倒壊

クラン名って大切

毎日トラブル